初めての株主優待 銘柄の選び方罠銘柄に注意

株主優待・配当株

2022年5月オリックスが株主優待制度を廃止するとの発表がありました。この発表を受け、他の企業にも株主優待の改悪や廃止が続くと考え、新たなの優待投資に慎重になっています。18年間の投資経験で多くの失敗から学びました。これらの経験を踏まえ、銘柄選びの重要なポイントをまとめてみました。投資の初心者の方にとって、何かの参考になればと思います。

リベ犬
リベ犬

失敗だらけだよ

総合利回り(配当+優待価値)4%~6%

リベ犬
リベ犬

高すぎる優待利回りに注意

桐谷さんの優待選びのルール:総合利回り4%以上

  • 配当金と優待品(クオカード、自社製品、カタログギフト)を合わせた総合利回りが4%以上の銘柄を選びます。

リベ犬の優待選びのルール:総合利回り6%以下

  • 総合利回りが6%以上の場合は、業績悪化による株価下落が原因で総合利回りが一時的に高くなっている可能性があります。
  • 将来の改悪リスクを考慮し、過度に高い総合利回りの銘柄は避けます。


くまみ
くまみ

4%~6%がほどよい総合利回り

居酒屋銘柄は避ける 三光マーケティングフーズの失敗

三光マーケティングフーズ(証券コード: 2762)で失敗体験があります。三光マーケティングフーズは居酒屋を運営する会社です。

改悪前は100株で年間6,000円相当の自社利用券をもらえましたが、改悪後は自社商品券から割引券に変更となり連日のストップ安が続きました

引用元:三光マーケティングフーズ(2862)の平成30年8月10日 適時開示より

※平成30年8月10日以降も株主優待内容が変わっています。現在の優待制度は三光マーケティングフーズ、ホームページをご確認ください

くまみ
くまみ

連日ストップ安

リベ犬
リベ犬

涙の損切り

ヤフーファイナンス 三光マーケティングフーズ 5年チャートより引用

改悪・廃止発表後は、ほとんどの銘柄で株価が下がります。
特に優待利回りが高い居酒屋銘柄は、個人投資家の投げ売りがあり、極端に株価が下落します。

過去に改悪をした銘柄は避ける

2020年から2023年にかけて、多くの企業が株主優待制度を廃止・改悪しました。株主優待を通じて株主数を増やしながら、突然廃止や改悪を行う企業は、個人投資家に対する裏切り行為と言えます。一度改悪を行った企業は、将来的にさらに廃止する可能性が高いため、私はそのような企業への投資を避けています。

株主優待制度の新設・変更・廃止は、適時開示情報で確認します
適時開示情報は、上場会社IRページや【みんなの株式】で過去の適時開示情報を確認できます
表題が【株主優待制度〇〇〇のお知らせ】となっています

2021年2月優待ランキング上位ヤマダホールディングス【9831】が改悪しました
変更点は優待金額の減額、長期保有時の増額廃止

リベ犬
リベ犬

一度改悪した銘柄はやめとくね

「株主優待制度の変更に関するお知らせ」をご確認ください

引用元:2021年2月4日 ヤマダホールディングス(9831)適時開示より

赤字の企業は避ける

企業に倒産リスクがある場合、年4回発表される決算短信で投資家にそのリスクを伝える必要があります。特に、「継続企業の前提に関する注記」と「継続企業の前提に関する重要事象等」の項目で、そのリスクが明示されます。これらの注記がある場合、企業の経営状態は非常に厳しく、株主優待を継続できないことがあるため、注意が必要です。

くまみ
くまみ

赤字会社は避けようね

まとめ

①総合利回り(4%~6%)
②居酒屋銘柄を避ける
③過去に改悪をしていない
④赤字企業は避ける
突然の廃止・改悪を予測し、廃止リスクが高い銘柄に気をつけてください。

リベ犬
リベ犬

罠銘柄に気をつけてね

コメント